赤本の教学社

受験川柳

第3回「受験川柳」の結果発表をいたします。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
また、第4回も募集いたします。

第4回募集要項

第3回 受験川柳 結果発表 応募総数2,358句

優秀賞

髪の毛と 勉強時間 のびていく  た 作
作者のコメント

髪の毛を切りに行くのすらもったいなくなって、勉強する時間も一緒に長くなっている自分。

上フレーム
尾藤川柳先生 選評

高校3年生の男子。もはや目の前の受験勉強との取り組みで、髪形など身なりに気を回す時間も少ないのだろう。ひたすら延びるのは勉強時間。まさに受験の佳境にある等身大の実感がここにある。髪の毛の伸びた先にきっと栄冠があろう。

下フレーム

高校生特別賞

E判定 逆転サヨナラ 下剋上  ミニハルク 作
作者のコメント

E判定なんかくそくらえ! 人生は「一発逆転満塁サヨナラ大ホームラン」の連続だから面白いんだ。

上フレーム
尾藤川柳先生 選評

動詞や接続詞を用いずに名詞だけで一句を構成。なんだか「ビリギャル」を地で行くような世界だが、模試などで「E判定」をもらった瞬間はショックだったろう。この痛快な下克上が17歳の現役受験生にとって現実になることを祈る。

下フレーム

佳作

  • がんばった 証の赤本 今もある  マイコ 作

    20年前の受験OG。その時は辛くとも今思えば夢中になれた青春の一時期。赤本とともに捨てられぬ思い出。

  • コンビニが 塾と我が家の 中継地  さごじょう 作

    受験勉強期間は、家と学校と塾という学習ばかりの閉鎖世界。わずかに心を解放できるのがコンビニとは…。

  • 英単語 トイレで先に 父覚え  ねこねこぱんだ 作

    実体験だろうか。トイレの壁に記憶学習用のメモの数々はいかにも受験の風景。ユーモラスな場面が笑いを誘う。

  • 「君の名は」 あると信じる 掲示板  ロックンビート777 作

    一昨年の映画『君の名は。』に引っ掛けた合格発表風景。我が子の受験にやや無関心なお父さんの気分と見た。

  • 紅白の 合間に開く 単語帳  moguchimo 作

    これも受験生の等身大の現実。家族団欒の中にも、僅かな時間を惜しんで前を向く姿勢が目に浮かんでくる。

上フレーム
尾藤川柳先生 総評

3回目を迎えて、だいぶ洗練された「巧い句」が増えてきましたが、現役の受験生の実体験から紡ぎ出された等身大の思いが、強く読み手に迫ってくるようです。

勉強時間が長くなる自分の現状…、ふと我に返ると、もうこんなに髪が伸びていると気づく。普段なら床屋に行くタイミングを忘れていた自分に出会うとき、作者は自身を客観化する。これが、社会やニンゲンを見つめる川柳の目に他なりません。

わずか十七音の中から作者の思いや気分が感じられる作品が選ばれました。勉強に忙しい中、応募された受験生の皆様の合格を心よりお祈り申し上げます。

下フレーム 上フレーム
尾藤川柳先生

尾藤川柳先生 プロフィール

1960年、祖父・三笠、父・三柳とつづく川柳家の家に生まれる。2017年、十六代目の川柳号を継承。川柳作家としてだけでなく、「川柳学」の研究者としても活動。川柳史料の散逸を防ぎ、収集・整理・保存・研究・公開を目的とした〈朱雀洞文庫〉を創設する。女子美術大学特別招聘教授。著述および各地での川柳講座、講演、川柳展等で川柳の普及活動を行う。 川柳公論社主宰。川柳学会専務理事。

下フレーム 下枠