大学入学共通テストがわかる!

記述式?思考力?英語の資格・検定試験?って??
共通テストの詳細・特徴・スケジュール・対策・勉強法がわかる!

本サイトでは、2021年1月にスタートする、「大学入学共通テスト」について2019年9月6日時点での最新情報を提供しています。随時更新する予定です。

Scroll ケイコちゃん タイサクくん

共通テストとは?

「大学入学共通テスト」(以下、共通テスト)とは、一体、どんな試験なのでしょう。どんな問題が出題されるのだろう、どういった勉強をすればよいのだろう…と、不安に思っている人も少なくないかもしれません。まずは、共通テストのことを知りましょう。どんな試験なのかがわかれば、対策もグンとしやすくなるはずです。

❇︎共通テストは、センター試験に代わる試験ですから、国公立大の一般選抜(旧一般入試)では一次試験の位置づけです。私立大においては、大学ごとに利用方法が異なります。志望校・志望学部・志望日程の募集要項で必ず確認してください。

共通テストの特徴

共通テストは、センター試験に代わって2021年1月から実施される、大学入試を受験する人の多くが受ける大規模な試験です。

ケイコちゃん

受験生が大勢、共通して受けるテストだから、「共通テスト」って言うのね!

2021年~2024年に行われる試験では、6教科30科目の出題が予定されています。
出題教科・科目は、センター試験と同じ!

共通テストの出題教科・科目

教科 グループ 出題科目 試験時間/配点
国語 『国語』 100分(センター試験では80分)
マーク式問題200点および記述式問題の段階表示
地理
歴史
「世界史A」
「世界史B」
「日本史A」
「日本史B」
「地理A」
「地理B」
1科目選択
60分/100点
2科目選択
130分(うち解答時間120分)
200点
公民 「現代社会」
「倫理」
「政治・経済」
『倫理,政治・経済』
数学 「数学Ⅰ」
『数学Ⅰ・数学A』
70分(センター試験では60分)
100点(記述式問題を含む)
「数学Ⅱ」
『数学Ⅱ・数学B』
『簿記・会計』
『情報関係基礎』
60分/100点
理科 「物理基礎」
「化学基礎」
「生物基礎」
「地学基礎」
【理科①】
2科目選択
60分/100点
【理科②】
1科目選択
60分/100点
2科目選択
130分(うち解答時間120分)
200点
「物理」
「化学」
「生物」
「地学」
外国語 『英語』
『ドイツ語』
『フランス語』
『中国語』
『韓国語』
リーディング
80分/100点(センター試験では200点)
【リスニング】(『英語』のみ)
60分(うち解答時間30分)
100点(センター試験では50点)
※2019年7月の大学入試センターによる説明会資料「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト出題教科・科目の出題方法等」より
ケイコちゃん

出題教科や科目は、これまでのセンター試験と大きくは変わらないみたい。

タイサクくん

でも、共通テストでは、センター試験から変わるところもあるんだよね。

共通テストがセンター試験と違うのは、大きく言うと、次の3点です。
1記述式の導入
国語と数学の一部で、マークシートによる選択式に加えて、記述式の問題も出題される予定です。ただし、記述式が共通テスト全体の中で占める割合は、それほど高くはありません。
タイサクくん

センター試験は全問マークシートによる選択式だったから、記述式があるのは違うね!

ケイコちゃん

そうね。でも、普段、定期テストや実力テストで記述の解答を書いているわ。

タイサクくん

あっ、そうか。そうだね! 具体的には、何をどのくらい記述するのかな?

記述式が導入されるのは、国語と数学の一部です。

科目 国語 数学Ⅰ
数学Ⅰ・数学A
記述式は近代以降の文章のみ 記述式は数学Ⅰの内容に関わる問題のみ
予定数 小問3問で構成される大問1問 (マーク式の大問の中の一部として)小問3問
字数 ・最長で80〜120字程度を上限として設定
・他の小問はそれよりも短い字数を上限
(第2回プレテストでは)
数式×2問
短文×1問
出題内容 ・内容説明
・空所補充
・数式等を記述
特徴 ・実用的あるいは論理的な文章
・複数の文章、資料の関連
・図や表の読み取り
・マーク式問題と混在
求められる力 ・情報を選び判断する力
・指示通りに解答をまとめる表現力
・数量関係を式に表す力
・数学的な表現を用いて説明する力
配点 小問の成績(3段階)とそれをふまえた大問の成績(5段階) 段階表示は行わず、マーク式問題と同様に配点
採点 ・〔正答例〕および〔正答の条件〕アリ
・小問の成績:〔正答の条件〕を満たすかどうか確認し、段階表のa,b,cの3段階で表示し、解答の書き表し方に関する評価を「a*」「b*」で付記する
・大問の成績:小問ごとの成績を元にA~Eの5段階を確定
・〔正答例〕および〔留意点〕(あるいは〔正答の条件〕)アリ
・1問5点で部分点なし
2019年7月の大学入試センターによる説明会資料「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト出題教科・科目の出題方法等」および「大学入学共通テスト問題作成方針について」、「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト国語における記述問題の段階表示について」(2019年8月23日付)、プレテストの分析より作成

記述式問題および自己採点の例として、大学入試センターが発表している「自己採点ワークシート」を見ておきましょう。

●国語の自己採点ワークシート
自己採点用ワークシート【国語】
自己採点用ワークシート【国語】
国語の自己採点ワークシートPDF
●数学の自己採点ワークシート
自己採点用ワークシート【数学㈵・数学A】
自己採点用ワークシート【数学㈵・数学A】
数学の自己採点ワークシートPDF
2思考力を問う
共通テストでは、これまでのセンター試験以上に「思考力」を問う出題になると見込まれます。マークシートによる選択式の問題においても、たとえば、「正解が一つとは限らない問題」や、「複数の情報を組み合わせて考える問題」などの考えさせる出題が増えそうです。
タイサクくん

うーん、「思考力を求められる」って、なんだか難しそうだね…。

ケイコちゃん

そうね。「思考力」って言っても、求められるものは、科目によって少しずつ違いそうよね。

続きは後日公開

共通テストの問題作成の方向性として「知識・技能や思考力、判断力、表現力を問う」と発表されていますので、これまで以上に「知識の活用」が問われる出題になりそうです。ただ、テストが変わっても、各科目で習得すべき内容や大学入学までにつけておくべき学力が大きく変わるわけではありませんので、必要以上に、テストの変化にたじろぐことはありません。

鉛筆イラスト
3英語は、民間の資格・検定試験も利用
共通テストと並行して、大学入試センターが認定する民間の資格・検定試験の成績も利用されることになりました。 高校3年生の4~12月の間の、2回までの試験結果を利用することが可能です。
民間の資格・検定試験について 詳しくはこちら
ケイコちゃん

ところで、共通テストでも、英語の試験はあるのよね?

タイサクくん

うん、2024年1月の試験までは、共通テストの英語の試験も、実施されることが決まっているみたいだよ。

共通テストとして行われる英語の試験は、〈リーディング〉と〈リスニング〉です。
共通テスト「英語」の特徴
1〈リーディング〉で「読むこと」を、〈リスニング〉で「聞くこと」が問われる。
2CEFRのA1からB1レベルに相当する問題が出題される。
3〈リーディング〉は、「概要や要点を把握する力」や「必要な情報を読み取る力」が求められる。
4〈リスニング〉では、2回読まれる問題に加えて、1回だけ読まれる問題も出題される。
5〈リーディング〉と〈リスニング〉の配点は、各100点の1:1となる。
※ただし、均等配点への重み付け等は、各大学の判断による予定。
例:筑波大学(予定) 大学のウエブサイト内「大学入学共通テスト」より引用(2019年8月26日)
「200点満点に換算した共通テストの英語の成績(リーディング160点、リスニング40点)に、CEFRのC2レベル20点、C1レベル10点、B2レベル5点を加点します。加点の結果、満点の200点を超える場合には、すべて200点として扱います。」
6アメリカ英語に加えて、イギリス英語を使用することもありうる。
※「出題教科・科目の問題作成の方針」(2019年6月7日および8月23日補足)をもとに作成
共通テストでは、配点や1回読みなど、センター試験と異なるところもありますが、出題形式が変わっても、問われる英語の能力や知識そのものが大きく変わるわけではありません。単語や熟語、文法や構文といった基礎学習を、テスト対策の第一歩とするとよいでしょう。

受験のスケジュール

第1回共通テストは、2021年1月中旬の2日間(予定では、1月16日(土)・17日(日))で実施される予定です。

受験の流れ

従来の流れ

例:2021年1月に、高校3年生で、国公立大学(一般選抜)を受験する場合

高校3年生の
4~12月
英語の資格・
検定試験の受験


高校3年生の
1月
大学入学共通テスト

大学入試センター試験

高校3年生の
2~3月
各大学の個別学力検査

各大学の個別学力検査

英語の認定試験について

英語学習においては、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を、まんべんなく習得するのが望ましいとの考えから、共通テストの枠組みにおいて、民間の資格・検定試験の成績も活用されることになりました。

ケイコちゃん

受けなければいけない試験が増えるということかしら?

タイサクくん

どうなんだろう? 順番に調べてみよう。

資格・検定試験の成績で、入試に活用されるのは、「受験年度の4~12月に受験した、2回までの成績」です。

大学入試英語成績提供システム
民間の資格・検定試験の成績を入試に活用するために、「大学入試英語成績提供システム」(以下、成績提供システム)が導入されます。受験生1人1人に対して、2年間有効の「共通ID」を発行し、大学入試センターにて試験の成績情報を集約し、出願大学に成績を提供する仕組みです。
英語の資格・検定試験に関するスケジュール
資格・検定試験の受験期間は、受験年度の4~12月です。ただし、いつ受験するかによって、成績提供開始時期が異なります。
総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜(旧推薦入試)などを受ける予定であれば、資格・検定試験をいつまでに受けておけばよいのかを確認しておく必要があります。

高校2年生から3年生にかけての
スケジュール

(国公立大学一般選抜の場合)

受験期間 成績提供開始時期
A 4~7月 9月から
B 7~9月 11月から
C 8~12月 2月から
ケイコちゃん

共通IDは、2年生のうちに申し込みをしておく必要があるのね。

タイサクくん

うん、11月から始まるよ。在学生は学校から一括で申し込めるみたいだよ。

ケイコちゃん

入試に成績が活用できる試験って、どんなものがあるのかしら?

成績提供システムに参加する試験
タイサクくん

たくさんの種類の試験があるんだね!

資格・検定試験の成績
成績は、スコアとCEFR(セファール)と呼ばれる国際基準を対照させたレベルで示されます。志望大学によって、必要なCEFRレベルが異なりますので、よく確認しておくことが必要です。
国公立大学(一般選抜)における、資格・検定試験の活用方法予定
資格・検定試験の結果の活用の仕方は、大学によって異なります。共通テストを課す国公立大学では、たとえば、次のようなパターン(1~6など、うち、1~4が主)で活用される見込みです。
(2019年8月時点。最新情報は、各大学のウェブサイト等で、必ず確認してください。
1.出願資格として活用
例:
  • 【CEFR A2以上】大阪大学・神戸大学・東京外国語大学など
  • 【CEFR A2以上 または高等学校等の証明*など】東京大学・名古屋大学・京都大学・九州大学など
    *ただし、「高校学校等の証明」は、民間の資格・検定試験の成績の提出を必須としない。
  • 【CEFR A1以上】 金沢大学(ただし、学部による)
2.点数化して、共通テストに加点
例:
【CEFRのレベルに応じて加点】筑波大学(ただし、任意)など
3.出願資格として活用+点数化して共通テストに加点
例:大分大学など
4.活用しない
例:北海道大学・東北大学(ただし、「CEFRにおけるA2以上の能力を備えていることが望ましい」という出願基準が示されている)・京都工芸繊維大学など
5.みなし満点
例:広島大学など
資格・検定試験の成績が、大学が定める一定のスコア・等級以上である場合に、共通テストの英語を満点とみなす。
6.高得点利用
例:富山大学(うち、一部の学部にて)など
共通テストと資格・検定試験(受験は必須ではない)の得点を比較し、高得点の方を活用。

※文部科学省【2021年度入学者選抜における「大学入試英語成績提供システム」参加試験の活用予定(国立大学・一般選抜)】、および各大学のウェブサイトで公表された予告を元に作成

ケイコちゃん

成績の使われ方は、大学によって、こんなに違うのね!

タイサクくん

そうだね。資格・検定試験って、必ずしも受験が必須というわけではないんだね。

ケイコちゃん

ところで、CEFRって何かしら?

CEFR
CEFRは、Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment の略で、「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ共通参照枠」のことです。CEFRでは、目標の目安とできるよう、「具体的に何ができるか」を基準にレベルが設定されています。A1→C2の順で、できることが増えている、と言えます。
段階 CEFR 能力レベル別に「何ができるか」を示した熟達度一覧
熟練レベル C2 聞いたり読んだりした、ほぼ全てのものを容易に理解することができる。いろいろな話し言葉や書き言葉から得た情報をまとめ、根拠も論点も一貫した方法で再構築できる。自然に、流暢かつ正確に自己表現ができる。
C1 いろいろな種類の高度な内容のかなり長い文章を理解して、含意を把握できる。言葉を探しているという印象を与えずに、流暢に、また自然に自己表現ができる。社会生活を営むため、また学問上や職業上の目的で、言葉を柔軟かつ効果的に用いることができる。複雑な話題について明確で、しっかりとした構成の詳細な文章を作ることができる。
自立レベル B2 自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的な話題でも具体的な話題でも、複雑な文章の主要な内容を理解できる。母語話者とはお互いに緊張しないで普通にやり取りができるくらい流暢かつ自然である。幅広い話題について、明確で詳細な文章を作ることができる。
B1 仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば、主要な点を理解できる。その言葉が話されている地域にいるときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。身近な話題や個人的に関心のある話題について、筋の通った簡単な文 章を作ることができる。 参考‥共通テスト英語の出題レベル
基礎レベル A2 ごく基本的な個人情報や家族情報、買い物、地元の地理、仕事など、直接的関係がある領域に関しては、文やよく使われる表現が理解できる。簡単で日常的な範囲なら、身近で日常の事柄 について、単純で直接的な情報交換に応じることができる。
A1 具体的な欲求を満足させるための、よく使われる日常的表現と基本的な言い回しは理解し、用いることができる。自分や他人を紹介することができ、住んでいるところや、誰と知り合いであるか、持ち物などの個人的情報について、質問をしたり、答えたりすることができる。もし、相手が ゆっくり、はっきりと話して、助けが得られるならば、簡単なやり取りをすることができる。
(出典)ブリティッシュ・カウンシル
ケイコちゃん

ふむふむ。CEFRって、「英語でどういうことができるようになったか」ということを表すひとつの指標なのね。そして、CEFRには、A1~C2までの6つのレベルがあるのね。

タイサクくん

うん。資格・検定試験で獲得したスコアに応じて、CEFRレベルが決まるみたい。それぞれの試験は、もともと、異なる目的をもった試験としてつくられたものだから、CEFRという指標を共通で用いるんだね。

CEFR
C2
C1
B2
B1
A2
A1
  • は各級合格スコア
  • (文部科学省の資料をもとに作成)
  • ※括弧内の数値は、各試験におけるCEFRとの対象関係として測定できる能力の範囲の上限と下限
タイサクくん

僕が受けようと思っている国立大学は、「出願資格としてCEFRのA2レベル以上」となっているんだけど…。

ケイコちゃん

この対照表によると、どの試験でも、表の強調部分のスコアを取れば、CEFRのA2レベルと判定されるってことよね。

タイサクくん

なるほど、そうか。表をよく見てみよう。

ケイコちゃん

たとえば、英検だったら、準2級で1700点以上とればいいのね。

タイサクくん

あるいは、2級を受けて1728点以上とる、という狙い方もあるかも。

ケイコちゃん

そっか。2級を受けておけば、「点数化して加点」する大学に志望校を変えたときに役立つかもしれないしね…。

タイサクくん

でも、英検の2級を受けて、万が一失敗してA2をもらえなかったら嫌だなぁ。A1からB2まで判定の出る、GTEC Advancedを受験するという手もあるね。

ケイコちゃん

たしかに。いろんな考え方ができるのね!

タイサクくん

まずは志望校での活用のされ方を確認するところから始めないといけないね。

ケイコちゃん

本当に。そして、試験ごとに、日程や会場、そして受験料も異なっているから、どの試験が自分に合うか、ちゃんと調べて吟味しておくことも大切ね!

参考:各試験の詳細情報
「年間の試験実施回数」「試験日程」「受験料」「試験時間」「実施形式(紙の試験かコンピュータかなど)」など、それぞれの試験ごとに詳細が異なります。最新の試験情報や詳細については、必ず、各実施主体ウェブサイト等で確認してください。また、それぞれの試験日程に応じて、試験の予約申し込み日も異なりますので、申し込み忘れのないように、注意しましょう。
タイサクくん

紙での試験か、コンピュータでの試験なのかによっても、得意不得意が出そうだね。

ケイコちゃん

そうね。スピーキングの試験も、面接や吹き込み式など、試験ごとに違いがあるみたいよ。

タイサクくん

うわぁ。正直、僕はコンピュータ操作が苦手だから、紙と面接のTEAPケンブリッジ英語検定の方が取り組みやすいかもしれないな…。

ケイコちゃん

サンプル問題なんかも公開されているみたいだから、見てみようっと!

2019年9月6日現在

試験名 実施回数(年間) 試験日程(2020年度) 受験料 試験時間 実施形式
実用英語技能検定(英検)
英検CBT
(準1級・2級・準2級・3級)
2回 第1回:4月~7月
第2回:8月~11月
※受験可能回数は各回1回まで
※第3回も実施されるが、大学入試英語成績提供システムでは利用できない
1級:16,500円
準1級:9,800円
2級:7,500円
準2級:6,900円
3級:5,800円
(8%税込み)
1級:約145分
準1級:約135分
2級:約125分
準2級:約115分
3級:約90分
CBT(コンピュータ)
英検2020 1day S-CBT
(準1級・2級・準2級・3級)
体験版はこちら
2回 第1回:4月~7月
予約申込:2019年9月18日〜10月7日
第2回:8月~11月
予約申込:2020年1月15日〜27日
※受験可能回数は各回1回まで
PBT(解答用紙にマーク・記述,ただし問題はコンピュータ画面上に表示)
Speakingは吹き込み
英検2020 2days S-Interview
(1級・準1級・2級・準2級・3級)
※障がい等のある方への受験上の配慮として実施
2回 第1回:(一次)5月・(二次)6月
予約申込:2019年9月18日〜10月7日
第2回:(一次)10月・(二次)11月
予約申込:2020年1月15日〜27日
紙+面接
TEAP
TEAP 3回 第1回:7月
第2回:9月
第3回:11月
15,000円
(8%税込み)
約200分 紙+面接
TEAP-CBT 第1回:6月
第2回:8月
第3回:10月
CBT(コンピュータ)
IELTS 対象:「アカデミック・モジュール」
実施主体:British Council 30回程度 4月~10月:各3回
11~12月:大学入試センターとのデータ連携スケジュールを鑑み、決定次第公開
25,380円
(8%税込み)
※経済的困難者向けの検定料は検討中
約164分 紙+面接
実施主体:IDP:IELTS Australia 22回
※11月7日までの実施回数
4月~10月:各3回
11月:1回(11月7日)
※11月7日以降も試験は実施されるが、年内に結果を受け取るためには11月7日迄の受験を推奨
ケンブリッジ英語検定
C2(Proficiency) 2回 5月 23,500円
(消費税抜)
※経済的困難者向けの検定料は検討中 以下同
約236分 紙+面接(ペア型)
C1(Advanced) 5月、8月 20,500円
(消費税抜)
約235分
B2(First for Schools) 3回 6月、8月、10月 18,500円
(消費税抜)
約209分
B2(First) 2回 6月、8月
B1(Preliminary for Schools) 3回 6月、8月、10月 11,000円
(消費税抜)
約132分
B1(Preliminary) 2回 6月、10月
A2(key for Schools) 3回 6月、8月、10月 9,000円
(消費税抜)
約110分
A2(key) 2回 6月、10月
TOEFL
TOEFL iBT®テスト 28回程度 4月~11月
(各月2~5回)
※具体的な試験日程は2019年11月頃公表予定
235米ドル
(2019年8月現在)
※経済的困難者への配慮あり
約180分 CBT(コンピュータ)
GTEC:大学入学共通テスト版
Advanced 4回 第1回:6月
第2回:7月
第3回:10月
第4回:11月
※各回で実施するAdvanced、Basic、Coreのタイプ種別などは2019年秋頃公表予定
6,820円
(10%税込み)
※経済的困難者向けの検定料は検討中
約120分
Speakingはタブレット
Basic 約120分
Core 約102分
「GTEC」CBTタイプ 未定 2019年秋頃公表予定 未定 約175分 CBT(コンピュータ)

※TOEFLおよびTOEFL iBTはエデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。このウェブサイトはETSの検討を受けまたはその承認を得たものではありません。
※この表の情報は、各試験の実施団体に確認した9月6日時点での情報です。最新の試験情報や詳細については、必ず各団体のHPでご確認ください。

もっと詳しく知りたい方はこちら

さらに詳しく知りたい方は、
こちらも参考にするとよいでしょう。

タイサクくん

いろんなことがわかってきたね。

ケイコちゃん

そうね。

タイサクくん

もし、英語の資格・検定試験を受けることにするなら、その予約申し込みも、要チェックだね。高校3年生のときに受ける試験の予約が、高校2年生のうちから始まる試験もあるみたいだし。

私立大学における、資格・検定試験の活用方法

私立大学の場合は、これまでも、民間の資格・検定試験の成績を利用して選抜を行ってきた大学もあり、大学ごとに活用方法や入試方式が異なります。
活用可能な試験の種類も異なる場合があります
ので、それぞれの大学のウェブサイトなどで、最新の情報をしっかり確認しておく必要があります。
また、成績提供システムを介さずに、受験生が直接大学にスコアを提出するケースもあり、受験回数に制限がなく、2年生のときの成績が使えることもありますので、まずは、興味のある大学の入試情報を調べることから始めましょう。

さっそく、英語の資格・検定試験の
勉強を始める方はこちら

共通テスト対策をしよう!

赤本くん

ケイコちゃん、タイサクくん、こんにちは。

ケイコちゃん

あ、赤本くん!!

赤本くん

共通テストがどんな試験か、概要はわかったかな?

タイサクくん

うん! 早速、対策を始めてみたくなったよ!!

ケイコちゃん

私は、本番で慌てないように、国語と数学の記述式の演習をしておきたいわ。

タイサクくん

僕は、複数解答の問題や、複数資料を読み取る問題が出題されても慌てないよう、練習をしておきたいな。

赤本くん

それなら、共通テスト対策の赤本「Smart Start シリーズ」がオススメ! 『大学入学共通テスト スマート対策』は、頑張る受験生の心強い味方だよ!

共通テスト対策問題集Smart Start シリーズ

大学入学共通テスト スマート対策

  • 共通テストって何?
  • どんな対策をしたらいいの?
  • そんな疑問にこたえる問題集

共通テストQ&A

共通テストについて

大学入試英語成績提供システムについて

  • Q

    共通IDに、有効期限はあるの?

    A

    はい。2年間有効です。たとえば、2019年(令和元年)11月1日から2020年(令和2年)9月10日までに申し込んだ場合、2022年(令和4年)3月31日まで、共通IDは有効です(申し込みは無料です)。
    なお、共通IDの発行申し込みと共通テストの出願とは別です。共通IDの発行申し込みをしても、共通テストの申し込みをしたことにはなりません。

  • Q

    共通IDの発行を申し込むまでに、どの試験を何回受けるか、決めておく必要があるの?

    A

    その必要はありません。共通IDを取得した後、自分の共通IDを記入して資格・検定試験に受験申し込みをすることで、共通IDが成績提供システムに登録されます。
    だたし、受験後の登録の取り消しはできません。共通IDを記入して申し込みをした試験のうち、実施日が早い順に、2回までの成績が、大学への成績提供の対象となります。

  • Q

    試験を2回受験する場合、同じ種類の試験でないとダメなの?

    A

    「2回」は、同じ種類の試験でも、1回ずつ異なる試験でもOKです。ただし、受験する時期によって、成績提供の開始時期も異なりますので、注意が必要です。
    万が一、試験を欠席してしまった場合は、1回分とカウントされません。ただし、ほんの少しでも受験したら、途中退席をしても1回分とカウントされ、成績提供システムに成績が登録されます。

  • Q

    2年生のうちに受験した試験の成績って、使えますか?

    A

    成績提供システムにおいては、基本的に2年生までに受けた試験の成績は利用できません


PAGE
TOP