おすすめ書籍
赤本手帳

英語リスニング音声が
スマホでも聞ける!

特集
  • 受験川柳

    受験にまつわるエピソードや受験への想いの こもった川柳を募集します。

  • 合格者があかす赤本の使い方

    難関大の入試を突破した先輩方に、赤本の効果的な使い方を教えてもらいました!!

  • センター試験「英語」リスニングテスト音声問題

    実際の試験で使われたオリジナルの音声問題を聞くことができます。

  • チェックして安心!はじめてのセンター試験

    センター試験を受ける前に必ずチェック!

  • 体験赤本アプリ

    センター試験”リスニング”の過去問がアプリになりました。

  • 合格者の声から生まれた赤本手帳

    受験では自己管理がカギ!受験の知識とアドバイスがたっぷりつまったスケジュール手帳です。

特集一覧

よくあるご質問一覧

心理学科をめざすあなたへ

心理学科をめざすあなたへ

『心理学科をめざすあなたへ[改訂版]』のサポートページです。
この本は、心理学科の学生・卒業生・先生など200人以上のナマの声をもとに作られた、高校生のための画期的な進路選択ガイドです。
心理学科への進学を手放しにオススメするのではなく、心理学科のありのままの姿を紹介しています。
心理学科の良いところ悪いところを両方知った上で、将来の進路を決めてください。

「心理学科は勉強が大変?」
「心理学って実は“理系”?」
「心理学科には就職がない?」
そんな疑問に、心理学科の学生・卒業生・先生など、合計200名以上から集めた“ナマの声”で答えます。

本書の監修者、浦上先生からのメッセージ

浦上昌則

将来を正確に予想することは誰にもできません。
だから、できるだけ調べてより適切な選択をしようとするのですよね。
この本も、そういうときの役に立つように作られています。
しかし、どんなに調べても、すべてが予想通り、期待通りになることは珍しいでしょう。
そんなとき、「こんなはずではなかったのに…」と落ち込んでも何もはじまりませんよね。
だから、「今はこう予想しているけれど、もしかしたら違うかも」という気持ちをどこかに持っておくとよいと思います。
「必ずしも将来は思った通りにならないけれど、今やれることはやっておこう」という姿勢が、きっとあなたの将来を柔軟で豊かなものにしてくれますよ。

浦上昌則(うらかみ・まさのり)南山大学人文学部心理人間学科准教授。
学部と大学院(修士課程)は神戸大学で過ごし、博士後期課程は名古屋大学で学ぶ。
教育心理学博士。専門は発達心理学、キャリア研究。

主な著書に『心理学―Introduction to Psychology』(ナカニシヤ出版、共編著)、『心理学・社会学研究のための調査系論文の読み方』(東京図書、共著)、『キャリア教育へのセカンド・オピニオン』(北大路書房)などがある。

ページトップ
大学関係者の方著作権者の方を捜しています

©Kyogakusha. Co.,Ltd. All rights reserved.