877 赤本プラス 大学入試 すぐわかる英文法

本体 1,800円 + 税
著者 肘井 学 著
発売 刊行予定日:2020年10月11日
ISBN978-4-325-23580-4
サイズA5

内容紹介

初学者から使える総合英文法書、誕生!
これまでの文法学習の限界を突破する、新時代の英語学習のための参考書。

●整理された英文法って、こんなにわかりやすかったんだ!
・サクサク読めて、わかりやすい。
・難しいと感じていた文法用語も、理解できるから、忘れない。
・知れば知るほど、もっと知りたくなる。ページをくる手が止まらなくなる。


受験生必携:すべての受験生が持っておくべき1冊。
・基礎レベル~難関私大・難関国公立大レベルまで
※日常学習~受験直前期まで使えます。

◎こんな人に使ってほしい
・英語の基礎に自信がない
・入試問題が解けない
・英文法の『なぜ』を知りたい

◎こんなふうに使ってほしい
A.授業の予習に
B.英語学習の辞書として
C.大学入試・4技能学習と並行して


英文法を知れば、読める!聞ける!書ける!話せる!


◎本書の特長

【1】従来の文型学習の限界を突破する、2つの動詞の型を追加。
・第5文型+αの類型化で、文型の本質に迫る。

【2】基礎レベルから発展レベルまで、無理なく進められる!
・各セクションの冒頭に、必要に応じて簡潔な文法用語の説明を掲載。
・各セクション、取り組みやすい「イントロ・クイズ」からスタート。

【3】文法項目を新しい視点でクロスするコラム「横断英文法」
・視点を変えて整理し直したコラムで、知識がゆらぎないものに!

【4】混同しやすいポイントが整理されている
・受験生が間違いやすいポイントを、整理して、惜しみなく披露。
・覚えるべきポイントが一目瞭然!
・セクションごとの表や「まとめ」

【5】別冊の、4技能トレーニング・ブック
・本冊から精選した、オススメの333の例文の、「英語」「日本語」の音声が、3種類のコースでダウンロードできす。
・音声を使って、例文を暗記することは、実は、英語力を伸ばすための最高のトレーニング!
(【音声ダウンロード】の詳細は 末尾参照↓↓↓)


著者紹介 肘井 学(ひじい・がく)

●慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。全国のさまざまな予備校をへて、リクルートが主催するネット講義サービス「スタディサプリ」で教鞭をとり、高校生、受験生から英語を学びなおす社会人まで、圧倒的な満足度を誇る。
●「スタディサプリ」で公開される「英文読解」の講座は、年間25万人の生徒が受講する超人気講座となっている。さらに「東大英語」「京大英語」まで担当し、受講者に多くの成功体験を与えている。
●週刊英和新聞「朝日ウィークリー(Asahi Weekly)」にてコラムを連載するなど、幅広く活躍中。
●著書に『大学入試 肘井学の読解のための英文法が面白いほどわかる本』『大学入試 肘井学の ゼロから英語長文が面白いほどわかる本』『大学入試 ゼロから英文法が面白いほどわかる本』『語源とマンガで英単語が面白いほど覚えられる本』『大学入試 肘井学の 作文のための英文法が面白いほどわかる本』(以上KADOKAWA)、『難関大のための 上級問題 特訓リーディング』(旺文社)、『『大学入試 レベル別英語長文問題ソリューション(①~③)』『高校の英文法が1冊でしっかりわかる本』『高校の英文読解が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)などがある。

目次

はじめに
本書の特徴
本書の使い方

第1章  文型と文の要素
第2章  be 形容詞 前置詞 型
第3章  SV A 前置詞 B 型
第4章  時制 前編
第5章  時制 後編
第6章  助動詞
第7章  仮定法
第8章  受動態
第9章  不定詞
第 10 章 動名詞
第 11 章 分詞
第 12 章 準動詞
第 13 章 関係詞
第 14 章 比較
第 15 章 接続詞
第 16 章 名詞・冠詞
第 17 章 代名詞
第 18 章 形容詞・副詞
第 19 章 前置詞
第 20 章 否定・疑問
第 21 章 倒置・強調・省略
第 22 章 動詞の語法
第 23 章 形容詞・副詞の語法
第 24 章 名詞の語法

英語索引
日本語索引
おわりに

[別冊]4技能トレーニング・ブック


・・・・・・・・・・・・

特別付録:【音声ダウンロード】
[別冊]4技能トレーニング・ブック対応

別冊で取り上げている333文の例文を暗記しよう!
3種類の音声ファイルをダウンロードできます。
※音声は、近日公開予定

ご購入について

お近くの書店、またはオンラインストアからご購入いただけます。

取扱いオンラインストア

  • amazon.co.jp

※オンライン書店でのショッピングに関するお問い合わせは、それぞれのサイトの窓口にお願いします。